全身脱毛を神戸で行う際のコツ

神戸で全身脱毛を検討している場合、数多く存在する脱毛サロンやクリニックの中から安心して利用できそうな所を選ぶ必要があります。
その際、施術品質や料金プラン、対応面など、あらゆる点を比較しながら選ぶことが重要です。
神戸は全身脱毛を手掛けるサロンやクリニックが豊富なので、多くのこだわりを持っている人でも納得のいく所で施術を受けられます。
また、ホームページや口コミサイト、ランキングサイトなど、様々な媒体を通して情報収集を図れるため、総合的な判断が可能です。
神戸の全身脱毛では、脱毛サロンとクリニックで特徴などが大きく異なるため、それぞれの特徴などを十分に把握しておくことで、より安心して施術に臨めます。
例えば、マシンにおける違いでは、脱毛サロンは比較的出力の低いマシンを使用するのに対し、クリニックでは高出力のマシンを使用して短期間での全身脱毛を実現しています。
また、施術時の痛みについては、脱毛サロンの方がマシンの出力が低い分だけ痛みが少ないため、痛みに対して不安を感じている人でも安心です。
なお、脱毛サロンやクリニックでは、施術前に無料のカウンセリングを実施しているので、十分に納得してから全身脱毛を行えます。
1カ所に絞り込むことができない場合は脱毛サロンの掛け持ちもおすすめです。

永久脱毛って、お店で受けることができるの?

インターネットで「永久脱毛」と検索してみると、ズラリと脱毛エステが出てきます。そのせいかどうかは不明ですが、脱毛エステで行われているムダ毛処理=永久脱毛という認識をお持ちの方が、依然として存在しているようです。
ですが、結論をお話しするのであければ、脱毛エステや個人エステなど、お店で施術を行うことができるのは光脱毛のみで、医療機関と同様の永久脱毛は行うことができません。

■認識違いはなぜ起こる?
では、お店でのムダ毛処理と、医療機関の永久脱毛は、なぜ混同されてしまうことがあるのでしょうか。
医療機関では、ニードルまたはレーザーで永久脱毛を行うことができ、ニードルは特殊な絶縁針で毛根組織をダイレクトに破壊して行く方法であるため、お店の光脱毛とは施術方法がまったく異なります。
つまり、光脱毛とニードル脱毛が混同されることはないということですが、問題は、光脱毛とレーザー脱毛です。
これらの脱毛方法は、光またはレーザーを毛根組織に照射して行く方法であるため、非常に似通っています。
ですが、両者には決定的な違いがあります。
それは、光脱毛では毛根組織を弱らせることはできても、破壊することができず、レーザー脱毛では、毛根組織を弱らせるに留まらず、破壊することができるという違いです。
また、光脱毛は医療関連の資格を持たない方でも行うことができますので、脱毛エステなどのお店で施術することができます。
一方で、永久脱毛に分類されるレーザー脱毛は、医師や看護師など、医療関連の資格を持った方が施術を行う必要があります。それは、レーザー脱毛が医療効果に当たるからです。
このように、光脱毛とレーザー脱毛は根本的に異なりますので、これらを混同してしまわないよう、十分に注意しなければなりません。

■光脱毛とレーザー脱毛の特徴について
光脱毛は減毛・抑毛処理に留まり、レーザー脱毛は毛根組織を破壊することができる、永久脱毛であることがわかりましたね。
ですが、これらの方法は、永久脱毛か否かという違いだけではなく、効果の現れ方にも違いがあります。
光脱毛は弱い光を照射しますので、施術中に感じる痛みが少ないという特徴がありますが、光のパワーが弱い分だけ、ムダ毛処理効果が現れるまでには時間がかかります。
一方で、レーザー脱毛はパワーが強いレーザーを照射しますので、施術中には痛みを感じることがほとんどです。
ですが、レーザーのパワーが強い分だけ、効果の現れ方か早く、光脱毛の約2分の1回程度の照射で、脱毛を完了させることができると考えられています。
永久脱毛をお考えの方は、脱毛エステなどのお店に足を運ぶのではなく、必ず医療機関に足を運んでカウンセリングを受け、ニードルまたはレーザーによる脱毛を受けましょう。

全身脱毛をすると薄毛が治る?それとも増長する?

全身脱毛を行うとホルモンバランスが崩れて薄毛になるという噂や、反対に、全身脱毛を行うことによって薄毛が改善されるというような噂がどこからともなく流れてきているようです。
では、全身脱毛を行うことが、本当に薄毛を増長させたり、改善に役立ったりすることがあるのでしょうか。
結論からお話ししますと、これらの噂は噂に過ぎず、全身脱毛が髪に影響を及ぼすことはありません。

■全身脱毛って髪に影響が出るの?
ホルモンバランスが崩れると毛周期が乱れ、全身脱毛を行う際の妨げになることがあります。
では、全身脱毛を行うことによって、ホルモンバランスが崩れることはあるのでしょうか。
結論からお話ししますと、全身脱毛を行ったからといってホルモンバランスが崩れることはなく、薄毛になったり薄毛が改善されたりすることはありません。
というのは、髪の生成と深い関わりを持っているのは女性ホルモンのエストロゲンで、そのホルモンは卵巣から分泌されているからです。
もしも全身脱毛でエストロゲンの分泌量が減るというのであれば、光脱毛やレーザー脱毛は卵巣に影響を及ぼす大変な凶器となると考えられ、とっくの昔に禁止されていたことでしょう。
全身脱毛をお望みの方は、おかしなデマに惑わされるのではなく、医学的な根拠に基づいた情報のみ、参考にして下さいね。

■薄毛の原因は全身脱毛ではありません
全身脱毛で薄毛になったという方がいるのであれば、それは、全身脱毛が原因で起こった薄毛ではなく、加齢による女性ホルモン分泌の減少やストレス、睡眠不足、栄養不足などを原因として疑う必要があります。
では、加齢による女性ホルモン分泌の現象ではなく、ストレス、睡眠不足、栄養不足の状態で薄毛が起こるというのは、どのような理由によるものなのでしょうか。
まずストレスですが、ストレスを抱え込み続けていると、ストレスホルモンが分泌されて体内の活性酸素量が増え、毛根組織の細胞を傷つける恐れが出てきます。そして、これによって薄毛が起こることがあります。
そして、睡眠不足が続くと、髪の細胞の生成と関わりのある成長ホルモンの分泌量が減って、薄毛が起こることがあります。
さらに、栄養不足の状態では、そもそも頭皮にまで栄養分が行き届かなくなる可能性があり、これが薄毛を招く原因になると考えられます。
全身脱毛後に薄毛が起こったという方は、薄毛を全身脱毛のせいにするのではなく、まずはご自身の生活習慣を見つめ直し、そこに原因がないかどうか確認することが先決なのではないでしょうか。