無駄毛が生えたちくびの扱いとスキンケアの方法について

ちくびは乳輪の部分に毛穴があるので体毛が生えることがあります。ちくびに生える体毛は太く固い毛質で縮れた形状の物が多く、見栄えが悪いだけではなく、皮膚上の汚れが絡みついて不潔な状態になりやすい問題があります。ちくびの毛は性別に関係無く、誰でも生える可能性がありますが、特に授乳中の女性はちくびが不潔になると乳児の体調に悪影響が及ぶ危険があります。そのため、適切な方法で脱毛を行い、ちくびを綺麗な状態に保つことが大切です。
脱毛処理は肌に強い刺激を与えますが、ちくびは体の中でも刺激に弱いので細心の注意を払う必要があります。体毛を力任せに抜き取ると毛穴が傷ついて出血するおそれもあることから、脱毛を行う前には蒸しタオルなどで肌を柔らかくふやけさせるなどの工夫が不可欠です。また、カミソリで剃る場合は乳輪のぼつぼつを削らないように注意することがトラブルを回避するための心得になります。
ちくびに生える体毛の処理はちくびへの強い刺激を避けることを第一に考えて行うのが綺麗な仕上がりにするための条件です。脱毛処理に使うクリームや毛抜きなどの道具は清潔な物を選び、処理の後は必ずスキンケアを行って傷んだ毛穴を労わることを心がけます。