「椎間板ヘルニア(人間以外の動物も発症することがあるのだとか)」と言う言葉(頻繁に口にしているものによって、現実が変わるとかいわれることもあります)は、腰痛持ちの方の場合ならよく耳にされるのではないかと思います。椎間板ヘルニア(症状が現れていなくても、実は罹病していることもあるそうです)は腰痛の代名詞とも言われており、正式な名称は「腰椎椎間板ヘルニア(?痛の原因の一つとしてとても有名ですよね)」かもしれませんよね。ちょっと難しいかもしれませんねが、腰椎の第4と第5にかけて主に発症し、骨と骨の間でクッション(相手に与える衝撃を和らげるために、「ワンクッションおく」なんていう表現もよく使われます)の役割をしている椎間板に突出したヘルニアができた状態を指します。このヘルニアが神経根を圧迫して、腰痛を引き起こしています。 椎間板ヘルニア(?痛の原因の一つとしてとても有名ですよね)になった場合の自覚症状としては、 ・立っていると腰が辛い ・椅子(安楽椅子や肘掛椅子、スツール、ソファーなど、形状も座り心地も様々です)にちょっとの間腰掛けても、腰が辛い ・座った状態から立ち上がるのが辛い ・30分以上歩くと腰が痛い ・前に屈むと、腰に痛みが強く出る 等の症状があげられます。腰痛の他にも、ヘルニアが巨大な場合には、歩いている際に下半身にビリビリとした痛みがあったり、痺れが出たり。時には大きな浮腫みまで表れ、足が上げられなくなる程と呼ねれています。こういう自覚出来る症状は、同じ椎間板ヘルニア(人間以外の動物も発症することがあるのだとか)であったとしてもヘルニアのおおきさや出来た場所によって違いがあって、せきやくしゃみ(急に冷たい空気を吸ったり、悪臭がした時にも起こることがあります)をしただけでも激痛が走ると言う場合もあるでしょう。そうなってしまうと、我慢出来ない状態んですね。また、この椎間板ヘルニア(症状が現れていなくても、実は罹病していることもあるそうです)の症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)が進んだら、尿意を実感することが無くなる排尿障害や、肛門周辺の筋肉が弱くなり締りがなくなる事もありますし、通常の普段の生活もままならなくなるのです。そうなる前に、いつもの腰痛とは違ったと感じた場合には、早めの医療機関受診がお勧めですー